>  > コミュ障でも問題ないのが風俗

コミュ障でも問題ないのが風俗

自分で言うのもなんですけど、自分はいわゆるコミュ障です。はっきり言って何をどう話せばよいのか分からないし、女性経験もあまりないのでどう話せばよいのかどころか、綺麗な女性の前に立つとそれだけで緊張してしまうんです。そんな自分でも風俗だけは楽しめますね。安心感があるからだと思うんですよ。風俗であれば女の子が必ず受け止めてくれるという信頼感のようなものがあるんですよね。実際、風俗に行けばあまり喋らない自分を見かねて女の子が上手くこちらをリードしてくれるんです。それが分かっているからこそ、自分も無理に喋って空回りしたり自爆したりがないので、風俗は気持ち良いサービスだと思いますけど、それだけじゃなくて安心して楽しめる所でもあるんじゃないかなって思っています。話し上手な人にとってはその点は魅力には映らないかもしれないんですけど、自分のようなタイプの男にとってはとにかくありがたいサービスだなって思いますよ。

ホームページの写真を見て…

ホームページの写真を見て女の子を選ぶのは風俗では特に不思議なことではないと思うんです。むしろホームページの写真が最大の判断材料になると思うんですけど、ただホームページの写真だけですべてを判断出来ないのも事実。やっぱり写真映りは良し悪しがありますしね。だからあくまでも参考程度にとは思っているんですけど、それでもとっても綺麗だなって思った風俗嬢だったんです。ホームページの写真はあくまでも参考。そんな気持ちでいるのに、それでも何だかんだで自分の気持ちを動かすだけの女の子ってことで、かなり心を奪われていたんじゃないかなと。でも実際に彼女との時間を過ごしてみて楽しかったのも事実なんですよね。やっぱりいくら参考とは言ってもホームページの写真が一つの真実であることには間違いないんです。それに写真は外見しか映しませんけど、内面もとっても可愛らしい子だったので、きっと写真よりも可愛くなくても満足出来たのかなって。

[ 2017-02-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談